サバイバル教師日記

教師2年目 日々の挑戦を書きます。

コミュニケーションを育む教育環境の重要性

定期的に英語でチャットしたり、呑みに行く外国人の友人がいます。
僕のたいしたことない英語力で会話もできますし、笑いもとれます。
チャットの時も、呑んでいる時も、英語で言えなかったらGoogleで訳してもらいます。
英語力はある程度あれば、外国人の友人と話す程度なら全く問題ないですよね。仕事でも、アプリさえ使えばほとんど問題ないのではないでしょうか。もちろん、スムーズさはありませんが。
でも英語力以上に必要なのは、勇気とコミュニケーションをとろうとする気持ちだと思います。
 日本の子供たちは、境遇が違う色々な子と、無条件に繋がりを得れる学校という場所に通います。もし学校(フリースクールなども)がなかったら、人との繋がりを得ることはとても難しいことです。
その繋がりを得る勇気とコミュニケーションをとろうとする気持ちを育てる環境を整えるのが、教師の役目だと思っています。