新任1年目を生き抜く教師のサバイバルブログ

教師1年目 日々の挑戦を書きます。

教師1年目のバイブル

 今日はこの本を読みました。

www.amazon.co.jp

f:id:gakumanaonline:20220128172834p:plain

 

 教師1年目のバイブル本です。

 前に1度読んだのですが、もう1度読みました。また働く直前、最初の1か月が終ったあと、夏休みに読むと思います。

 

 大切なことは至極当たり前のことだと分かります。でも、その当たり前をすることはとっても難しいと思います。西川研究室に入り、本書のことを学んできたと思うのですが、まだできないな、まだ苦手だなと思うことはありました。

 

 人に好かれることは自分にとって得だということを理解し、人が喜ぶことはどんなことかを考えて行動することが大事です。

「相手の気持ちになって考える」

 子どもたちにも伝える言葉だと思うのですが、教師である自分自身が一番必要なことです。

 

 そして、この本で書いてあることは子どもたちの幸せ、自分の家族の幸せにつながってきます。

 

 最初の1年目はとても不安で、生き延びることで精一杯だと思います。でもこの本が後押ししてくれると思っています。また読もう。